スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「JZ CLUB」で水曜の夜を

『ティファニーで朝食を』、改題。(嘘)


前日に「Boxing Cat」でStingerを飲みすぎたせいかしら...
その日は、ちょっとだけ二日酔い気味でした
なので、
今日はお酒も夜遊びも自重しようかな~、と思って過ごしていた夜の9時。

突然、「今からジャズバーへ行かない?」というお誘いが。。
その方はジャズがお好きな方で、以前も連れてってもらったのですが、
「特に水曜日がオススメ!」といつも言っていて、
それが今日という水曜日にお仕事の都合がついたんでしょうねぇ・・・

もちろん!ご一緒させて頂きました



こういうお誘いがたまらなく好きなんです、蜜は♪
多少二日酔いだろーと、多少微熱が出ていよーと、だいぶ残業してよーと、
楽しい夜のお誘いは断らないのが、東京での蜜の毎日でした。
上海で新しい生活を始める時に、それを諦めるのが一番ツライことだった・・・
でも、今はおかげさまで、こうして遊んで下さるお友達ができた。
それは、とても幸せで大切なことだと思うからです


IMG0102A.jpg
そういうわけで、「JZ CLUB」へ。


JZ CLUB」へは、3ヶ月ちょっと前、
蜜が上海へ来てすぐの頃に、その方に連れてって頂きました。
その日は火曜日でした。
Jazz Barに行くこと自体が今までそんなになかった蜜にとって、
その時の、サックス+ドラム+キーボードの演奏もとても新鮮で素敵だと思いました

でも、今回は、その方イチオシの水曜日
もう前回とはお客の入りや活気からして違いました~!
そして始まった、PM10:30~の第2ステージ。

sIMG0103A.jpg sIMG0104A.jpg
めっちゃ暗くて、写真が汚くてホントすみません

第2ステージは、女性ボーカルのジャズでした。
バンドも豪華。ギター、ベース、ドラム、シンセサイザー、ピアノ。
とても盛り上がって、観客とステージは一体となって熱気に包まれます

1つ1つの歌の間奏に、それぞれの楽器の見せ場があります。
シンセやピアノといった鍵盤楽器の音が好みな蜜は、
それがメインの演奏の時に、とくに気持ちが盛り上がる


そうして、
頼んでいたシンガポールスリングが飲み終わる頃、ステージは第3回へ。

sIMG0105A.jpg sIMG0106A.jpg
写真がホント見えづらくてすいません、すいません...

第3ステージは、黒人男性ボーカル。
知り合い曰く、「スティービーワンダーに似た声色で、俺は大好き」とのこと。
たしかに。。落ち着いて温かみのある安定した歌声です。

やっぱり魅力的な音色のシンセ・・・
蜜としては、そのソウルやファンクな歌で魅了された久保田利伸を彷彿とさせました。
(大好きなんです。中学生の頃から。アルバム何枚も持ってます!)


ジャズの音色に合わせて体を揺らしながら、蜜は想いを馳せていました。

3ヶ月ちょっと前、ここに初めて訪れた時の、孤独感と期待感。
そして今、ここでこうしてジャズを聴いている間にも、
「あぁ、今度はあの人と来てみたいな」とか、「この人を連れていったらどうだろう?」とか
考えることができている自分。
そして、いつかは帰国という形で終わってしまう、大切なその人たちとのお付き合い…。


私は、あと何度、こんな夜を過ごすことができるんだろう?


それは、前回ここに訪れた時には湧き上がることのなかった感情。
そして今、こんな想いを抱くことのできる自分を、とても切なくも幸せだと感じます。

蜜の上海生活はまだ始まったばかりで、
これからも色々なものに出会い、愛を深めていくことでしょう。
その1つ1つを大切に味わって、このブログに残していけたらいいなと思います



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■JZ CLUB■
上海市徐匯区復興西路46号
Reservations: 021-6431-0269


※大変余談ですが、この日のお客さんの中に、
 デヴィット・ボウイそっくりの、かっこいい男性が蜜の目の前の席にいまして…。
 しばらくはそこに目を奪われてました(笑)
 『戦場のメリークリスマス』のセリアズでしたよ、まさに!!
 でも残念ながら女性連れ(チャイニーズ?)でして・・・
 しかも、すんごいベタベタ甘々な様子でした。 (またその触る手つきが上手いんだけど...)
 ほんっっと余談ですが、どーしても忘れられなかったので書いちゃった

 蜜に、もーちょっと語学力があれば、逆ナンしてしまったかもしれない。。




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ banner_11.gif
スポンサーサイト

カクテルを愉しむ夜… 「Boxing Cat」

Stinger
stinger.jpg

今、蜜の中で、いちばんHotなカクテル。


実は最近、知ったばかりです。ご一緒した方が飲んでいて
ブランデーベースに、すっきりしたミントの香りと味わいが際立つ、
甘辛いカクテル。 ・・・うん、蜜好み。(笑)

すきっとドライで辛いものを今までよく頼んでいましたが、
たまには、こっくりとした、甘さと刺激と濃さを併せ持ったカクテルもいいな


Wikipediaの説明によると、
『標準的なレシピは、ブランデー+ホワイト・ペパーミント(クレム・ド・ミント)のみ
 というシンプルなもので、故にごまかしが効きづらく、
 バーテンダーの腕前が反映されるカクテル』

ステキじゃないですか


<Wikipediaの説明続き>
『ベースは変えずに、アブサン(ペルノー)を、2dash加えると、
 「スティンガー・ロイヤル」(Stinger Royal)。』

⇒う、うわぁ出たー。アブサン!!

  ■アブサンとは、、、
  (蜜が高校生の頃に傾倒していた)19世紀のフランスの芸術家達に愛飲され、作品の題材になるも、
  毒性が強く中毒者が相次いだため、その後100年以上に渡って禁止になっていたお酒。
  高校生の頃から憧れていて・・・(飲みたかったんだけど) ←ダメです・笑
  でも、そんなどこにでも置いてあるお酒でもなく……
  それが2008年4月、上大岡の老舗バーで、ついにご対面したのです!
  本物のアブサンに。あの緑色の良薬に!!
  アルコール度数70%前後はあるそれを、そのままショットグラスで、ストレートで頂きました。
  感想?
   撃 沈。。。
  一口で一撃です。ガツッと。さすが禁止されただけあるよ~
  まぁもちろん、蜜の面目(何の)と念願叶ったというので飲み干しましたけどね♪■



<Wikipediaの説明まだ続き>
『ニューヨークのコロナ・レストランで誕生した。』
⇒な、なに~!2年前(NY行った)に知ってたら、そこ見つけて飲んできたのに~!

そこで生まれたカクテルを飲むのって、格別ですよね
新加坡のラッフルズ・ホテルの「ロング・バー」で飲んだシンガポールスリング
は、やっぱり1番おいしく感じたし忘れられない。
特別な想い入れのあるカクテルが増えることはとても幸せです




・・・と、前置きが大変長くなりましたが(笑)

IMG0099A.jpg
復興西路×永福路にあるカフェ・バー、「Boxing Cat Brewery」へ。

衝山路よりもちょっと奥まった通りに、
テラス席も備えたこの魅力的なバーはひっそりと佇んでいます。


連れてってくれた友達の話によると、
ここは(ヨーロッパ系の?)生ビールがとても美味しい、とのこと。
友達は常連のようで、バーテンダーさんとも仲良く、
お気に入りのビールを頼んでいました。
蜜はちょっともうビールはお腹いっぱいだったので、そう、ここで
すかさずStingerを頼んでみたわけです

蜜:「有没有 Stinger?」
店:「・・・?Stinger??」

どうやら、ここではStingerは通常メニューに無いようです
それでも気さくなバーテンダーさんだったので、
「どう作るの?」とレシピを聞いてきてくれて、作って下さいました
(蜜でも覚えられる簡単なレシピで良かった...)


IMG0097A.jpg
即興?のStinger(左)と、サービスで頂いた「アクア」という名前の何か(右)

まずは、Stingerで乾杯♪
・・・ちょっと、これ、ちゃんと美味しいんですけど!
バーテンダーのお兄さんありがとう。
シンプルなレシピ故に腕前が出るカクテルだそうだけど、
じゃあお兄さんきっと上手なんだよ

で、もう1つの、この謎の「アクア」
写真じゃ暗くて分かりずらいのですが、
まるで琉球グラスのような、緑色と透明が混ざり合ったカクテル。。
これは一体何なのでしょうね…?誰か教えて下さい。
だって、とっても不思議な美味しさだったんだもの

バーテンダーのお兄さんはただニヤニヤと笑って、
「ちびちびじゃなく、クッて一気に飲み干すんだよ」
って言うだけなんだもの。
でもその通りにしたら、本当においしかったけど。
上澄みのアルコールと、底に溜まったクリーム?を
一緒に口に含まないとダメなんだと思うわ。甘く濃くてトロンとしてました


sIMG0098A.jpg
おつまみに頼んだフライドポテトも美味★
つけ合わせの自家製ディップが決め手です。ガーリックがよく効いてて



sIMG0100A.jpg
これは何のカクテルだったんでしょう…?
実は頼んでいないのに、突然2人分出てきました
サービス?友達がバーテンダーさんと仲良しだから??(たぶん違う・笑)



実際、もうこのあたりになると、
蜜はStinger3,4杯目?だったので、結構ほろ酔いだったんです
とても楽しかったので。
そして、この「Boxing Cat Brewery」というお店が、とっても良いバーだったので。

カクテルを思う存分愉しめる、素敵な夜をどうもありがとう




*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Boxing Cat Brewery■
上海市徐匯区復興西路82号(×永福路)
Reservations: 021-6431-2091




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ banner_11.gif

靴市場があるなんて

上海でも秋が深まってきて、そろそろブーツがほしくなる時期になりました。

無難にデパートを巡ってもいいのですが、せっかく上海にいるのだし、
手軽にお得に手に入るブーツを探してみたいな、と思っていました。
安いとデザインとか冒険ができますしね~

で、さっそく 『上海 靴』 でググると、
なんと意外な検索結果が・・・!

靴市場なんてものがあるんですね。


というわけで、さっそくこの目で確かめてきました

IMG0095A.jpg
斜土路×西蔵南路の交差点にある、この「上海靴都」が目印。

ここは3階建てです。そして、このビルの後ろにも、靴屋・靴屋・靴屋・・・


「市場」なんていうので、しかもここは中国だし、
も~どんだけ狭々のゴミゴミ具合なんだろう?!
って、実は怖い物見たさ半分で行ったのですが(笑)、


IMG0093A.jpg
売り場の様子。

あら、意外と(失礼)整然としていてキレイ。。。


1つのビルの中に、小さな靴屋さんがぎっしり並んでいるのです。
1つ1つの店内はどれも割ときれいで、
余裕を持った陳列がされており、商品も探しやすい。

なにより1番蜜にとって良いのは、
店員さんがまっったく売り込んでこないこと!!

ていうかもう、店員さんはほぼやる気ゼロです(笑)
椅子で寝てる人、PCでゲームしてる人、トランプで遊ぶ人たち・・・
売上の計算したり店内の掃除に夢中な人なんてマジメなほうです!

蜜は、(状況にもよるけど)店員さんの激しい接客は苦手なタイプ。
好みの靴をゆっくり探したり、試し履きをしてみるには、
あんまり店員さんが寄ってこない方がじっくり吟味できます。
だから、これだけほっといてくれると居心地いいったら


そして、靴市場はここだけではありません!

IMG0094A.jpg

IMG0096A.jpg

西蔵南路の横断歩道を渡って、斜土路沿いを
制造局路にぶつかる
まで、通りいっぱい靴市場が並びます


地図で示すと・・・

skutsu2map.jpg
赤く塗った部分くらいまでの範囲が、靴市場通りになります。

その店舗数たるや、すごい。
ここは、靴をお得に探したい方には一見の価値があると思いますね~


調べたところによると、
この靴市場は、上海市の靴の流通卸売り市場と言ってもいい場所で、
市内の小売店は、たいていここで商品を仕入れるんだそうです。
つまり、問屋さんですね。
(たしかに、ありえない数の靴の箱を抱えて帰るお客さんが結構いたわ…)

でも、ちゃんと個人が1足から購入することもできるという。
素晴らしいですね!

ご注意頂きたいのは、やはり問屋さんなので閉まるのが早いこと
多分、夕方5時くらいまでなんでしょう。
30分ほど前からは、どこもぼちぼち閉め始めちゃうので、
ゆっくりご覧になりたい方は、早い時間に行くことをオススメします♪


sPA280358.jpg
蜜の戦利品


*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
斜土路沿い
×制造局路から、×西蔵南路をちょっと過ぎた辺りまで



↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ banner_11.gif

幸せすぎるシャンパンブランチ@St.Regis

シャンパンブランチ。


この言葉、魅力的すぎ。
今こうやって文字見てても幸せな気分になっちゃう (笑)


先日まで来てくれていた日本の友達との、(蜜にとっての)メインイベントが
この、St.Regisでのシャンパンブランチ企画でした。

sPA180344.jpg
キレイな泡立ちのMoet & Chandon...


東京でももちろん流行っている(?)のでしょうけれど、
ここ上海でも、いくつもの高級・準高級ホテルのレストランが
サンデーブランチと称して、たぶん東京よりはお手頃価格で
シャンパン飲み放題の素敵すぎるひとときをお届けしている模様。

上海に来てすぐに知り、行きたい!と思ったのはいいものの、
蜜は、今までの飲み友達はみんな日本に置いてきている身ですので(笑)
すぐにはお誘いできる人もまだいなくて・・・
それに日曜日のお昼だし。。 なかなかねぇ?


というわけで、上海に遊びに来てくれたこの4組目の親友を道連れに
(べつに彼自身も相当乗り気だったんですけど)
2人で予約まで入れて気合十分、
いざ日曜日AM11:30に、浦東にある St.Regis へ!!



sPA180348.jpg
The St.Regis Shanghai(瑞吉紅搭大酒店)の最上階のイタリアンレストラン、「Danieli's」

ちなみに、この「Danieli's」は、
上海でベストイタリアンに選ばれたことのあるほどの美味しさで、
蜜の友達も以前ディナーに訪れたそうですが、好評でしたよ


sIMG_7770.jpg sPA180334.jpg
噂には聞いていましたけど・・・本当に空いています。こういうのを穴場っていうのね。

ここのシャンパンブランチのいいところ、
その1:混雑していないので、ゆったりと静かにブランチを楽しめる


sstregis.jpg
前菜は、ビュッフェ形式で。野菜・お肉・お魚・チーズ・フルーツ...と取り揃えも充実!

sPA180338.jpg sIMG_7757.jpg
左)前菜の一例。シャンパンに、生ハムとチーズとサラダを合わせられたら、蜜的にはもう最高に幸せ
右)スープとメインディッシュはメニューからオーダーバイキング制。数も「お好きなだけ」と...



その2:お客様へのサービスも抜かりがありません!

これはさすが一流ホテルの最上階レストラン。
グラスが空けば、すぐに冷えたMoet & Chandonを注いで下さる。
ビュッフェ形式である前菜の補充も十分。もちろん接客も笑顔で丁寧♪

sPA180339.jpg
ここは最上階の39階、窓際の景色もきれい。


ちなみに、
この日のアテンド計画としては、
せっかく午前中に浦東まで行くんだから、
サンデーブランチの後はゆっくり浦東観光をする

・・・予定でした。この時くらいまでは。


sIMG_7763.jpg sPA180340.jpg
前菜をつまんで程よくシャンパンもまわったところで、スープがサーブされました。

smain.jpg sIMG_7764.jpg
メインディッシュの豚肉のソテーと、白身魚のグリル  この他にパスタも頂きました。


その3:さすがは「Danieli's」。どのお食事もとても美味しい

もうこの頃には、シャンパンは2本は確実に行っていたと思います
別にお酒などなくても、この親友となら何でも話せる仲ですが、
そういうリラックスできる人と一緒に飲むと、本当に楽しく貴重な時間ですよね。
そして、よくまわる・・・

だってもー。。お昼だし。なおさらです。
こうなると蜜は、無限チーズでシャンパンを愛し始め、幸せの絶頂に (笑)



sIMG_7772.jpg sIMG_7766.jpg
そして14:00過ぎには、ついに私たちもデザートタイムへ


その4:なんとしっかりデザートメニューまでオーダーバイキング制!

無関心な蜜をよそに、友達はどうしてもデザートが食べたかったらしく、
尋ねてみたらなんと、メニューがちゃんとあるんですね!
これはびっくり。
見ていたら蜜まで食べたくなってきちゃって、写真左のクレープ頼んじゃいました。
そして、あまりに美味しかったので、これをもう1つオーダーしました・・・


sIMG_7768.jpg
前菜のフルーツのスイカが美味しくて頼んだら、
こんなに頂いてしまった。サービス良すぎます。



結局、14:30のラストまで、シャンパンブランチを思いっきり楽しみました
それだけ長居したくなっちゃうほどに、ここでのひと時は極上です。
最後まで気持ちよくくつろぐことができました。

そして、


酔っちゃいました・・・



もうこの時点で、私たちはこの後の観光は諦めモードに。
っていうか、
このままタクシーで家まで帰って寝たいんですけど・・・・・・



はい、帰ってしまいました(笑)


せっかく浦東まで来たというのに...
でもね、上海のこういうトコ、蜜はたまらなく好きです。


よく晴れた日曜の午後、昼間から楽しく酔ってタクシーに乗り込み、
家へ着くまでの30分くらいの間、私たちはさらに仲良くなった気がします。
付き合ってくれてありがとう。
最近、心の奥に積もってつらかったことも、この時間で癒されたよ



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Danieli's■
上海市東方路889号
The St.Regis Shanghai(瑞吉紅搭大酒店) 39F
Reservations: 021-5050-4567


※上海では、シャンパンブランチを提供しているホテルなどが
他にいくつもあると思いますので、よかったらオススメの所を教えて下さい♪
メールやコメント下さったら嬉しいです




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ banner_11.gif

「Bali Laguna」へ行っても。。

待ち合わせに向かうまでの間に、いろんなことを逡巡しました。
自分でこうと決めたことを、うっかり破ってしまわないように。



・・・それにしても、上海の夜はだいぶ冷えるようになってきましたよね
もともと薄着が好きな蜜にとっては、洋服選びが難しくなってくる時期です。

静安寺の駅から静安公園へ向かいます。
「Donuts King」の奥へ進もうとすると、一見暗めな(ライトアップされてるけど)
街路樹の並木通りに入りますが、それは気にせずそのまま進んでみると・・・

sPA230348.jpg
急に見えてきました! 池に映える灯りの美しいレストランが


sPA230349.jpg
街路樹通りを右にそれる小道があるので、そこを入って進んだら、もう入口。


Bali Laguna」でお食事です
オープンテラス席があってアジアンな料理が頂けるお店といったら、
ここか、あとは「COCONUT PARADISE」くらいしか思いつかず・・・

ただしコチラ、夜のテラス席はドリンクオンリーなのでご注意を
というわけで、食事をする私たちは地下の席の窓際でした。

sPA230350.jpg
ライトアップされた池に面した窓は大きくて眺めがとてもキレイ。

ssPA230352.jpg sPA230351.jpg
フィリピンのビールと、お料理はインドネシア代表料理?を... (蜜が頼んでいないので詳細不明


ほとんど会話の方に集中していて、お味はそんなに印象に残っていません
まぁ普通に美味しかったです。やっぱりこのお店は雰囲気勝ちかな?
食事は早々に切り上げて、ドリンクを持ってテラス席へと移動してみました。

sPA230353.jpg

sPA230354.jpg


さすがの雰囲気です。ステキ
ここが上海の、静安寺だってことを忘れてしまいそうです。
リゾート気分になれるというか、周りもとても静かなので落ち着く場所でした。

そして、ここのカクテルは (意外にも) 結構濃くておいしいですよ!
数多あるなんちゃってバーで飲むよりずっとちゃんとしたお味で、これは予想以上♪
それを、この景色と雰囲気で楽しめるんですから、また訪れたくなる。

でも・・・ あと少ししたらもう、
ヒーターの置いていないオープンテラスで夜の時間を過ごすには
寒くなってきちゃいますよね...
それが冬の悲しいところ。上海の冬、冷え込みそうですもんね。。



寒くなるのって、色んなことが寂しくなりませんか?
それを、人肌恋しくなるって言う人もいますよね。
蜜にとってもそう思うところはあるけど、それよりもなんとなく
全体的に自分が「閉じた感じになっちゃう」ところが悲しいです。

洋服も、夏のように開放的なままではムリで、着込まなきゃいけない。
それが鎧というか心の枷のようで、思った通りに大胆には表現しにくくなってしまう。
体も縮こまりがちになりますしね。ブレーキみたい。

だから、蜜が蜜らしくいるのはどっちかと言うと春・夏が多い(かな?)


でもまぁ、もちろん、冬には冬の良さがあるんですけどね
冷たく澄んだ空気を吸うと、自分が新しく浄化されていく気がする。
身を寄せて、あっため合いたいような感情が生まれる。
孤独感が募るから、少しは優しい気持ちが… 高まる?(ことを期待する)


あぁ今年の冬は、このまま変わらず Aggressiveで、Hotで、
心はあったかいと実感できるいい1シーズン
にしたいな。がんばろう!



* * * * * *

ガッと抱いて さらってくれたらいいのに

つめたくしないで
あなたの一言が 私の一日を天国にもだいなしにもするんだから
ちょっと んー 情けないけど つめたくしないで
たった一言で 舞いあがれるんだから



・・・ううん、勘違いしてたって分かったわ。
つめたくていい。別にそのままでいい。だから、ただ


ガッと抱きしめて 私を さらって…


――『つめたくしないで』 miwa yoshida




*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Bali Laguna■
上海市華山路189号
Reservations: 021-6248-6970




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ banner_11.gif

救われる、ということ。

誰かに期待したり、誰かに救われることで自分を保っているようじゃ
本当はダメなんだろうってよく分かっている。
人から幸せにしてもらうことは、それはとても嬉しいことだけれど、
自分で自分を幸せに導ける方法も知らないと、結局はいつまでも苦しいことの繰り返し。

ただ、やっぱり人は人と影響し合い、揺さぶられていくものでもあるから。
振り回されてるっていうマイナスな依存的感情だけでそれを捉えようとしないで、
素直に「あなたのおかげで救われたわ」って心の中で想ったりもする。

そしてその救いは、必ずしも自分が底に陥った原因そのものが与えてくれるとも限らない。
時間であったり、自分自身であったり、言葉や音楽であったり、別の人であったりする。


最近になって、自分にとって自分を救うものが何であるかに気付きました。

それはずいぶん昔からそばにあったものなのだけれど、
一頃は顧みもしなくて、ムダに物事は目の前を通り過ぎ、何も残せなかった。
やっと、それが自分を保つためにどれだけ大事なものだったのかを再確認して、
現実逃避な方法でも、それに気付いた時に自分がずいぶん楽になった。

だから、少しだけ前向きになれた気がする。
それでもまだまだきっと未熟だから、あいかわらず
心が揺さぶられるほどの何かに触れると、一瞬にして心がぎゅっと掴まれてしまって、
その途端に押し戻されるような、陥ってそのまま飲み込まれていくような感覚に
包まれてしまうんだけれど。

ただ、それさえももう全てがちゃんと「経験」っていう名の
自分の中での糧として昇華できたら、それでいいんだろうと思います。

ゆっくり反芻することこそが、きっと自分にとっての幸せに繋がっているんです。



* * * * * *


sIMGP9328.jpg


昨日、日本の親友からサプライズで誕生日プレゼントのEMSが届きました!
うれしかった…
そして、彼女のしたためたメッセージを読んで涙が出た。

上海での新しい生活は新鮮で、ちゃんと楽しく暮らしているんだけど、
心の底には漂い続ける「寂しさ」がやっぱりあるんだなぁ...と。

日本でこうやって蜜をあったかく見守ってくれる親友がいるんだ
ということを改めて実感して、すごく幸せな気持ちになれた。
色々あるけどがんばるよ、
ありがとう



↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ banner_11.gif

「小肥羊」で火鍋くらいしなくちゃ?

友達は帰ってしまったけれど、この友達と訪れた場所の記事は続きます
メインのアレはまだです。早く書きたいのだけど・・・


その日のお昼ゴハンに食べた中華料理が思いのほか重かったので、
友達も私も、なんとな~く胃もたれ気味。。
でもせっかくの旅行だし、お夕飯抜いちゃうというのももったいない。
こういう時、蜜の頭に浮かぶ料理は、(日本の)しゃぶしゃぶとかなんですね。
アッサリサッパリ。
でもさ、さすがに日本から来た友達と日式居酒屋行かないし!


そしたら・・・ 思いつきました。もう1つ。鍋料理=火鍋を♪
蜜は辛いの大好きだし、真っ赤なスープでお肉をしゃぶしゃぶしたーい!!
ただし問題は、友達は胃腸が弱く辛いもの受け付けないんですね...

じゃあ、鍋のおダシの味を分けて選べるタイプの火鍋ならいいのでは?と、
半信半疑な友達を尻目に、蜜は半ば強引に『上海 火鍋』で検索
そしたら、コチラですごいキャッチコピーを目にしました。


『小肥羊に行かずして羊肉火鍋を語るなかれ』



こんなこと言われたら、上海在住の身としては行かないわけない
しかも、それよりも蜜の興味を誘ったのは、このお店のトレードマーク。

sheep.jpg
ここ・・・ 知ってる~!っていうか、蜜の家の近くにもある!!


そういうわけで、行くことにしました。小肥羊の火鍋

ただ、この夕食の後、
外灘と浦東の夜景を臨むあの「VUE BAR」に連れていく予定だったので、
上海で23店舗あるうちの、そこに近い店舗を探しました。店舗検索はコチラ



タクシーで向かって着いたら、4組ほど並んでいて順番待ち
15分ほど待ってすぐ入れたので良かったけど、ちょっとビックリ。
フロアに通されると、まるでカレーのような?香辛料の匂いが~

sIMG0086A.jpg sIMG0088A.jpg
sIMG0085A.jpg sIMG0087A.jpg
↑この鍋の下半分の赤さにご注目♪(ちょっと写真で分かりづらいですが・・・)
お肉は羊肉のAA級とAAA級と牛肉。あとエビ団子。野菜は雪菜と生菜と豆菜(?)を選びました。



具のオーダーは全て紙とペンで、服務員にそれを渡すタイプです。
お鍋のおダシの味も3種類あって、私たちはそのうちの2種類(含む辣タイプ)を選択。


そしてこの、辣タイプのスープの美味しいこと・・・
ちゃんと辛いの。飲んでむせるほど(笑)
唐辛子(鷹のつめ)の量がけっこうハンパじゃなく入ってますよん。

飲まないでしゃぶしゃぶするだけなら、
辛いのちょっと好き~くらいのレベルの方でも大丈夫...だと思います
辛ラーメンのおつゆの味に近いような感じかと?
あれがお好きなら、いっぱい飲んでみて下さい。オススメ
注)通常、これは飲み物ではありません。


美味しいお肉と野菜をいっぱいしゃぶしゃぶして、口の中はちゃんと辛くって、
胃は熱く、そしてとてもお腹いっぱいになりました。大満足
これは食べたらあったまりますよ~!
これからどんどん寒くなる冬には、うってつけの料理ですね。やっぱ火鍋は。

蜜のおうちの近くにもあるし、またぜひ来ようっと



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■小肥羊■
※店舗数はかなりあるので、コチラコチラをご参照下さい。




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ banner_11.gif

「南翔饅頭店」と、やっと「湖心亭」でお茶

今日の午後の便で、友達は帰っちゃいました

遊びに来てくれた友達を空港でお見送りするのも、これで4回目ですが
今回の寂しさはひとしおだった~

彼と蜜とは、もう10年の付き合いの親友というのもあり。
これまで何度も一緒に旅行したし、なんでも話せる貴重な友の1人。
でも、そういう人がそばにいてくれることに慣れちゃいけないのよね・・・
上海での新しい生活、蜜はがんばらないと


その親友と、今回の上海ツアーの締めくくりに訪れたのは豫園です。
でも観光のためじゃありません、
「南翔饅頭店」3Fの小籠包を並ばずに食すため、です!!(笑)

友達が遊びにくる度に、ここで朝ショーロンポーをするのが、もはや慣例に
おいしい朝食になるし、あの人気店に並ばずに入れるのはやっぱり快感!
3Fの開店はAM9:00。(1Fは10:00)
スムーズな入店のためには、10時過ぎまでには到着していた方が無難です


shoronpo.jpg
かの有名な、蟹味噌のスープを
ストローで吸う特大小籠包。
(名前は?)


いわゆるフツーの小籠包で、蟹肉入り・蟹味噌入り・肉団子のものも頼みます。
前回は、ちょっと辛味の入ったタイプ(蜜好み♪)のや、キノコ入りも食べました。
何回食べても、やっぱり美味しい~
昔、台湾で本場の鼎泰豊に行った時も感動したけど、上海なら断然「南翔饅頭店」ね!



・・・で。
その後は、(これはずっと宿題になってた) 「湖心亭」でのお茶を実現したのです
過去記事参照(笑)

IMG0090A.jpg
まだ時間が早かったので、窓際の特等席が空いていました


IMG0092A.jpg
お茶菓子は頼まなくてもお茶にセットでついてくるようです。
手前が高野豆腐の固いバージョンみたいな...?甘物じゃないです。
真ん中が緑茶餡のお餅(おいしい!)と、何かの実?干し物?のようなお菓子(おいしくない…)
奥は、めんつゆで茹でたような味つけの、うずらの卵のようなもの。殻がうまく剥けず。



きれいな花の咲いたお茶は薫り高く、お味もとても良かったです。
友達は、この高野豆腐風と緑茶餡のお餅が気に入っていました
(おみやげに、緑茶餡のお餅を1Fで買ってました。1袋27個入り30元也。)

なにより、雰囲気がいいです!
涼しく心地よい秋風が、開かれた窓から窓へと抜けていきます。
外はよく晴れていて、九曲橋を臨む眺めも趣があって。
これで紅葉なども愛でられたら本当にステキなのに(上海じゃムリね…)


念願の 「湖心亭」でのお茶 は、やっぱり友達の来る秋まで
お楽しみにとっておいて大正解でした。春でもまた良いかも。
7月の上海では暑すぎて、窓を開けて優雅にお茶する気分になれませんから

今度は、夜にもここでお茶してみたいな



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■南翔饅頭店■(豫園店)
上海市豫園路85号
Reservations: 021-6326-5265

■湖心亭■
上海市豫園路257号
Reservations: 021-6373-6950




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ banner_11.gif

罪な美味!「小楊生煎館」の焼き小龍包

今、日本からまた友達が来てくれています

おかげさまで、うれしいことにもう4組目なので、アテンドもすっかり慣れて、
上海市内なら大抵のリクエストに応えて連れて行くことができます

ただ、今回の友達は過去に1度上海を旅行したことがあるのと、
とにかく世界各国相当飛び回っているという旅慣れした人なので、
これまで来てくれた友達よりも、若干deepな観光をしています。


そんな友達が「焼きショーロンポーが食べたい」と急に言うので、
行って来ました。今まで知らず通り過ぎていた焼き小龍包=生煎の名店を


sIMG0082A.jpg
小吃の名店通り、呉江路にある「小楊生煎館

口コミ通り、かなりの行列です!
でも大丈夫。ここは作業員の手際がとても良く回転がいいので、
まずは食券を先に買って、めげずに並びましょう。すぐです
生煎は、4個入りで4.5元。(や、安い…)


sIMG0083A.jpg
『餃子工(熟練)』 (内輪ネタすみませんw

↑こんな職人技を見ていると、並んでいても飽きません。
そして5分ほどじっと待って、ついに焼きショーロンポーとご対面~!


sIMG0084A.jpg
大きさは、よくある小龍包より2回りくらい大きく、皮も厚め。
でも気をつけないとすぐ皮が破れてスープがこぼれちゃいます



・・・ていうか。

これ、


美味しすぎるんですけど~~~!!!


焼き餃子が好きな日本人には、まずたまらないお味
皮は厚めで、表面は絶妙にカリッと香ばしく焼いてあるので。
なのに、中の具の味は、THE 小龍包 なんですよー
スープももちろん、この肉団子めっちゃ美味い♪

いやぁ~ この組み合わせは罪でしょ(笑)


蜜は、上海に住んでいながら、こんな代表的な小吃のお店も今まで知らず、
あぁやっぱり私、まだまだだなーと実感。。。
(まぁまだ3ヶ月半でエラそうにしちゃダメに決まってますね)

地元の人?なのかリピーターそうな人も多く、
マイタッパーに大盛りに詰めて持って帰るお客さんも多数。ツウだ。
あれはきっと、おうちで今晩の夕食にするんでしょうね?
っていうか、それ蜜も真似したいゾ
ビールとゆっくり味わったら、またきっと最高だと思うの。この罪な生煎。


そんなわけで、本当にオススメ。
小楊生煎館の焼きショーロンポー(=生煎)。
次に上海に来る友達とは、もぉ絶対リピート確実です~



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■小楊生煎館■
上海市呉江路54号、60号
Reservations: 021-6267-6025




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ banner_11.gif

プレゼント。

sIMGP9229.jpg

お祝いのお花を頂きました!!

なんと、蜜の住んでいるサービスアパートメントから。
フルーツのバスケットも添えられて、
こ~んなに豪華なアレンジメントフラワー


これはもう、絶対うれしいですよね

届いた時、つい歓声を上げてしまいました!
(でも中国語でそれをどう伝えていいのか分からず・・・)

それからずっと、お部屋には生花の優しい香りが満ち満ちています。


この花のおかげで優雅に、お昼からスパークリングワインを頂いちゃいました

sIMGP9231.jpg
PAULのパストラミバゲットサンドと一緒に、フレシネを・・・

自分で自分への、ささやかなお祝い?
最近のお気に入り、『Erotic Lounge 5 - Secret Affairs』を聴きながら...
(コレ、気分で家の近くのDVD屋で衝動ジャケ買いしたんだけど、意外と良いの!

sCD.jpg
Erotic Lounge 5 - Secret Affairs



蜜は今、幸せに慣れすぎていると思います。
せっかくの、ぬるま湯のような穏やかな暮らしの中で、
わざわざ余計な、ムダな期待ばかりして、毎日鬱々と悶々として...
こんな日々の生活のささやかな幸せを見過ごすようじゃいけない。
本当に大切なものを見極めて、それを見失ってはいけない。
今の幸せは、今しか感じる時がないのに。

・・・と、言葉で言うのはとても簡単だ。何度、自分に言い聞かせたことか。


日本の友達から、たくさんメッセージが届きました。
「上海で、めいっっぱい素敵な日々を過ごしてね。」
「蜜なら、悔いの残らない、面白い1年を過ごせる気がする。」

みんな、そう言ってくれます。

蜜自身、実のある新たな1年を過ごしたいと思う。
けど、一体どういうのが「満喫した」と言える人生なのかが、未だに分からない。。
・・・一生懸命考えたいと思います。
友達からのメールは、最近の自分を見つめ直すいいきっかけになったかも


まぁ、何はともあれ、とりあえず
蜜にとって初めて海外で過ごす誕生日なことは事実です

これこそが、人生のうちでとても一興な出来事の1つかもしれませんね。



↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ banner_11.gif

PageTopNext>>

プロフィール

蜜

Author:蜜

,。*:..。o゚・:,。*:..。o゚・:,。*:..。o゚・:,
June 30, 2009
その夜、住み慣れた東京から、片道切符で上海へ飛び立ちました。
新しい暮らしの幕開けです。

これから沢山あるだろうステキな出会いを書きとめながら、蜜ならではの上海の香りをお届けしたいと思います。

,。*:..。o゚・:,。*:..。o゚・:,。*:..。o゚・:,


数日前より、中国国内からのアクセスに不具合が生じており、更新などができにくい状態にあります…。

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ click me♡
↑上海の情報はこちらから

応援クリックうれしいです。おねがいします♪

人気ブログランキングへ

FC2カウンター

最新記事
カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

蜜へのメッセージは、こちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
FC2ブログジャンキー
FC2ブックマーク
RSSリンクの表示
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
1752位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アジア
637位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。